サーバーダウン対策にWPX Speedのオートスケールが優秀!

◆起業とAdSense

今回は年末年始に起きたサーバーダウンに関するお話と、WPX speedオートスケール設定について、年末年始後の宮古島母子旅行について書いてみました。(サイト運営1年の初心者向けの内容です)

◆怒涛の年末年始と正月、サーバーダウンで大失敗

 

ここまでの記事もあまりに熱血にやってきたので、今回はたまには軽めでいきたい中野カンナです(笑)

 

実はだいたい毎回
そのつもりで書いているんですが(爆)

 

今回もそうはいかないかもw

 

近況報告から言うと、年末年始は本業の方のサイトらが初めてサーバーダウンを立て続けに起こすという新しい局面を迎え、バタバタでした。本来なら万歳をして歓喜のおたけびを上げるべき場面でしたが…。

 

 

結果から言うと、サーバーダウンまで起こすほど集客できたのに、ケアレスミスで年に1度の祭りに大惨敗するという経験をしました(笑)。

 

初体験は
刺激が多くて疲れる(笑)

 

合理さん
合理さん

とても「らしい」失敗ですね。

中野カンナ
中野カンナ

るさいなあ(笑)

 

 

◆WPXレンタルサーバーからWPXスピードのサーバーへ引越し、準備万端で迎えた年末年始。

 

私は2018年の11月にGoogle AdSense ではじめて「106円」を生み出したので、一応1周前の年末である2018年12月末も経験してはいました。けれども当時はまだまだアクセスもとてつもなく少なく、年末にサーバーサイズを気にすることとは無縁でした。

 

中野カンナ
中野カンナ

今思えば2018年は紅白見て、のどかな年末だったw

 

しかし、1年後にあたる2019年12月(今回の年末)は、全く状況が違っていました。

私が使っていたサーバーのうちメインのものがWPXでも既に新規契約が終了している「WPXレンタルサーバー」というもので、サーバーサイズを変更できないタイプのサーバーだったため、アクセス集中が見込まれる年末に耐えきれるかどうかが怪しくなったのです。

 

 

これまでも日常は大丈夫だったものの、たまにサーバーダウンしたっぽい(笑)とみられる状況が散見されており、今年の年末はいよいよこのままではちょっとサーバーダウンが深刻化する可能性があるし、せっかくの機会に勿体ないということで、12月序盤の段階で私は年末の祭りに向け、サーバーサイズが変更できるタイプの「WPXスピード」へサーバー移転をしていました。

 

 

ここまでは
実力ないのに
我ながら素晴らしい判断だった(笑)

 

のですが。

 

しかし、せっかく素晴らしい能力を持つサーバーへ無事移転が完了していた(業者さんに依頼してやって貰っていた)というのに、私ときたらこのWPXスピード「オートスケール機能」というものをあまりちゃんと理解していなかった為、大失敗をしてしまったのです。

 

今思うと、完全に凡ミス。

 

中野カンナ
中野カンナ

きいてないしー。

 

WPXスピードやそこへの引越しの恩恵をほんの少ししか受けらないまま、年末までに3回もサーバーダウンさせてしまうというなかなかのケアレスミスをしてしまいます。

 

しかも、
初のGoogle砲が来てたのに!
これはもう泣くしかないw

 

 

※Google砲・・・ニュースなどで取り上げられ、尋常ではないアクセスが集まるタイミング

 

ゆく年くる年も
もち、サーバーダウン。

そばじゃないの。サーバーなの。

 

サーバーダウンしたまま、年越しをするという不穏な年末年始となりました(笑)。

 

 

◆年末年始にWPX Speedにしたもかかわらず大失敗した敗因はオートスケール機能の設定

 

いくら自宅のテレビをつけられない私でも、オートスケール設定をオンにしなければサーバーサイズが変わらないことは何となく事前から察していました。その設定画面がこちらです。

 

 

でも、CPU使用率メモリ使用率ディスク使用率の数値どう設定すべきなのかが分からず、色々調べてみたのですが、全く分からなかった為、WPXのサポートに問い合わせても「答えられない」の一点張り。あとから考えると、ここの設定でサーバーが落ちたり、料金の問題が左右されるため、企業としては「答えられないというより、なんかあったら困るから答えたくない」ということのようでした。

 

中野カンナ
中野カンナ

2回も問い合わせちゃったよね。

 

そこで、落ちてから考えよう、
と思った私がばかでした(笑)。

 

クリスマスイブ辺りに早速、1回目のサーバーダウンを起こします。「オートスケール機能」を設定していなかった私は、アクセスの状況とサーバーの状況を見張り、状況に応じてサーバーの契約サイズを変えていく作戦しかないと思い、ほぼ張り付きでした。

 

ボヘたん
ボヘたん

クリスマスなのにー。

 

オートスケール設定をそれでもしなかったのにはお恥ずかしい話ですが、「料金の心配」がありました。というのは、サーバーサイズの説明としてこのようなものがあったからです。

 

 

画像が見づらいかもしれませんが、

現在使っていたサーバーサイズがW2(月額上限2400円)というものでした。最初のサーバーダウンでW3(月額上限4800円)のサイズにしたものの、それもアブなそうな瞬間が何度もあり、やっぱり12/27頃に予想通り落ちて2回目のサーバーダウン後W4(月額上限10000円)となりました。各サイズで料金の記載がこうなっています。

 

<サイズ別価格表>
W1
-上限月額   1200円(税別)
W2-上限月額   2400円(税別)
W3-上限月額   4800円(税別)
W4-上限月額 10000円(税別)
W5-上限月額 30000円(税別)
w6-上限月額 50000円(税別)
w7-上限月額 80000円(税別)

 

この時点で、私は月額2400円だったものが、月額10000円にまで跳ね上がったことを仕方がないから渋々許容したという認識でいました。

 

しかし、年越しを目前にした12/31の午後11時台にはそのW4でも徐々にアブなそうな状況に迫っていき、ああもうだめだ!という時にはこれまで見たこともないリアルタイム数値4500という数に達しており、その数分後にあえなくW4もサーバーダウンしました。(直前の数値は確認しなかったので不明)

 

 

なぜ、W5にしなかったかといえば、このアクセスがこの時期におけるしかもその中でも瞬間的な爆発に過ぎないということが分かっていた為、(ゲリラ豪雨みたいなもの)

 

その為に月額30000円を超えるW5というサイズは払えないことはないですが、通年使用していくサイズとして身の丈に合わないと思ったからです。(W5は通年使用すると税込39万6000円です)そういうわけで、サイズを大きくすることなく、撃沈を見送った年末年始となりました。

 

サヨナラ私の年末。

 

 

翌日、CPC1ケタスタートという非常にキツイ元旦を迎えることとなりました。(後述)

 

 

◆年末年始のWPX Speedオートスケール機能の設定について再度問い合わせ

 

大みそかのその怒涛のアクセスと大惨敗を経て、ふと「例えば、翌月以降にでも契約を電話連絡などで小さいサイズに戻すということができるのであれば、上げちゃえばよかったよなあ。」とクヨクヨ後悔をし(笑)まだ世間の「お正月休み」は少し残っていたこともあって、ダメもとで【至急】とWPX(Xサーバー)に契約変更についての問い合わせをしてみました。

 

中野カンナ
中野カンナ

契約サイズが変えられればなあ。

 

すると、早々に元旦メール返信がありました。

 

Xサーバーナイス。

 

「契約管理の画面から、アクセスが落ち着いたころに、いつでもお好みのサイズに戻して頂くことが可能です」とのこと。

 

 

え!

 

早速やってみると、W4になっていた私のサーバーサイズを画面上で簡単にW2へ戻すことが出来ました・・・。一瞬で・・・。

 

ゆっといてよ、ばか!

 

と心から思いましたが、その情報をきちんと自分から取りに行かなかった私のせいです。そうして、私の2019年正月休みシーズンはあっけなく終わりました・・・。いちおう、念のためオートスケールの画面も共有しておくと、後で戻せるという事ですから、一瞬のゲリラ豪雨を耐え抜ければいいだけで、つまり、MAXのW7設定でも全然よかったということになります。あとで戻せばいいだけ・・・

(戻すの忘れると高いままなので注意です。上がった際にメールでお知らせしてくれる機能があります。)

 

どのサイズでもいい、という事であれば、最初の「オートスケール設定」の詳細に関してもサーバーがダウンする前に、適宜状況位応じて自動で変わってくれればいいだけで、言ってみればかなり「テキトー」でもサーバーが落ちる状況は少なくとも回避できたことになります。↓これのこと。

 

 

なんだよw

 

本当に新しい課題が次々に投下され、それを自力でクリアしていく生活です。

 

ひとつの失敗は、
次に失敗しない為の材料!

 

出家さん
出家さん

全てが学びでございます。

 

 

◆されど、WPX Speedオートスケール機能はやっぱり優秀

 

私が前述までのような勘違いをしたのも、実は別のサイトが「WPXクラウド」という、「WPXレンタルサーバー」の次に出てきたバージョンがサイズ変更ができるタイプのサーバーだったことが要因としてありました。「WPXクラウド」ではサーバーのサイズは(上へ)変えられるけど、固定の月極(先払い)だったのです。

 

 

1回上げてしまうと月額料金が上がり、元には戻せないタイプ。(そして多分月に1度しかサイズも変えられないっぽい)ですから、こちらもサイズ変更は一応できるとはいえ、一般的にはゲリラ豪雨的な瞬間集中アクセスに対して対応できるサーバーではないと言えます。

 

それを考えると、いつGoogle砲が来てもおかしくない現代では、WPXスピードのように、サーバーのサイズを瞬間的に自動で変えてくれて、落ち着いたころに元の安い料金サイズに戻せるサーバーというのが運営面でベストということが分かります。

 

 

私の知ってる選択肢のでは、現状WPXスピード1拓と言えそうです。(他にもあるかもしれません)そういうわけで、私個人の話としては惨敗した2019年末でしたが、年末は来年も再来年もやってきます。Google砲は明日にでもまた来るかもしれない。(こないかもしれないけど)そういうわけで残りのサイトも早々にWPXスピードへの引越しをもう依頼しました。(このサイトもWPXクラウドなので、もうすぐ実は人知れずサイト引越します※URLは変わりません。)

 

中野カンナ
中野カンナ

テッテレー。

 

当分、爆発しそうにはない、このキーワードガン無視の「中野カンナの女道」サイトですが(笑)

 

きっとこれも
必要必然ベスト!

 

<新しくサイトを持ちたい人向け>

自宅ハイテクテレビも自力でつけられない中野カンナがサイトを作り出せたのは、道具に恵まれたことが最大の理由です。

現在では特別なコンピューター世界の「言語」を何一つ知らなくても、私程度のサイトであればすぐに作ることができます。また、その程度で一般会社員程度の収益は十分出していくことが可能です。

それにはWordPressという道具(?)を使うのが初心者には最短でベストかと思います。(私は今もWordPressでしかぶっちゃけサイトは作れませんし、言語はひとつも知りませんw)WordPressを使うことで、メールを書くかのように日本語で入力しています。

神!

今回のお話したサーバーWPXスピードにはWordPressがすぐにインストールできる土壌がとても親切に揃っているので、初めての方はぜひ利用してみてください。最小サイズW1 月額1320円(税別)からサイトを運営することができます。(初期はこのサイズで十分。もちろんこの記事を読んだ貴方はオートスケール設定してくださいねw)

WPXスピードはこちら↓

また、もし余力があれば、がんばって中古ドメインを使うことをお奨めします。中古ドメインを導入するのには初心者には少しハードルが上がる作業がありますが、その手間が後で生きてきます。サイトのアクセスを伸ばしていくには新しいドメインを使うよりも数段近道です。

中古ドメインは過去に所有者がいたドメインになるため、過去の運営時点でそのドメインが「ペナルティ」を受けていないかどうかということや被リンクの質がとても重要な要素となるようです。そうした専門的で細かい情報をきちんと調べた上で中古ドメインを売っている会社のドメインを使用することをお奨めします。

■私がいつも購入している親切丁寧なドメイン業者さんはこちら↓

 

 

◆怒涛の年末年始と正月が終わり、サーバーダウンのせい?Google AdSenseのCPCが末期に!

 

それで。

そんな感じで年末年始がとてつもなくハードボイルドな経験だったため、年始にはちょっと全般一旦お休みして、娘と宮古島へ遊びに行ってきました。その気持ちにさせてくれたのもGoogle AdSense から私たち母子への贈り物だと思っています。

 

 

ユニークさん
ユニークさん

ベルリンの壁も見てきました。

 

どうして全般作業を一旦お休みする気持ちになったかというと、Google AdSense というのはクリックだけで報酬が発生する形態の広告なわけですが、おそらく年末にサーバーダウンを散々繰り返してしまったからなのか??そのエラーで誤クリックが増えたのか?

理由は定かではないのですが、

年始のCPC(1クリックで貰える単価)が見たことのないような1ケタ数値に暴落してしまっていたのです。

 

たまにあるけど、
年始に1桁は不穏すぎ(笑)

 

 

CPC1ケタとなると、通常はあり得ない数値なので、何かしらペナルティ警告が発動されている可能性が高いと考えるのが普通で、私も数日はその原因追及に集中したのですけれども、結局どこからも何も出てくることはなく、原因は不明のままでした。

 

ここで焦ってこちらがバタバタやっても、泥沼にはまるだけで、これまでいいことは一度もなかったという経験から(笑)、今回はいつも通りの事をさっさと終わらせた後、そのまま放置で宮古島へ行きました。

 

 

叙情さん
叙情さん

↑東ベルリン側 ベルリンの壁です。

 

Google AdSense の良いところは、CPCがたとえ低かったとしてもサイト上でAdSense が稼働している限りは、別にほっておいても寝ていても、飛行機に乗っていても一応、収益は出る事です。

 

言ってみれば、
時間を与えてくれる収益。

 

とはいえ、今回はその時点でCPCは通常の1/5~1/3の範囲。
つまり、そのまま1ヶ月が過ぎると月収も当たり前に1/5~1/3で着地するという話になるわけで、これまでの私であれば、かなりの震度で動揺する場面だったと思います。

 

 

でも、今回の私がちょっと成長したなと思うのは、殆どそれらの減少が「他人事を見てる気分」で、あまり、感情を揺さぶられることなく放置&旅行が出来ました。

 

これも1年ちょっと色々な場面で闘い続け、気持ちをグラグラ揺らしたり、泣きそうになりながら生きてきた成果のいわば「戦利品」だと思うと、起こっている事実は同じですが、目に映る風景は全く違うということで、なんだか非常に尊いことに思えます(笑)

 

 

どうして、心がそこまで悲惨なことにならずに落ち着いていられたか?を考えると、そりゃ少しは年始でしたし気分的に良くはないですが、たとえ、ここで収益が0円に転落しても、もう一度やればいいだけであって、私にはそれが出来るはずという自信が1年かけて「心の筋肉」としてついたからだと思います。

 

それに、
3か月で106円よりは

次はきっとマシでしょ(笑)

 

考えてみると、会社員時代に辞めたくて辞めたくて仕方ないけど簡単に辞めるわけにはいかない会社員という立場で、「仮に辞めた後」の生活のことを無駄に想像していた時の方が数段つらい時間でした。

 

 

辞めても辞めなくても
地獄に見えたから。

 

■その頃のお話(離婚後の5社所属の話)はこちらです↓

「会社組織」辞めて1年③離婚後の仕事探し職務経歴書・正社員不要説
今回は、バツイチ子持ちの私が2018年に会社を辞めて、半年で会社員給与を超え、現在までの1年間を振り返るシリーズその③です。今回は「会社を辞める」という選択ができた最後の理由についてお話しする前に、私の離婚後の壮絶な転職・再就職体験についてお話したいと思います。

 

先に言うと、宮古島についたころには、Google AdSense は勝手にほぼ通常のCPCに回復し、東京へ帰るころには年始の1ケタ台を詫びるかのような猛ラッシュと割高CPC時代が突如やってきて、現時点では12月とトントンの推移にまで持ち直しました。

 

Googleちゃん、生理前だったのかな・・・。

 

月経全緊張症PMSのお話はこちら↓

生理を制すれば女性「性」を制する!?PMS離婚も?種類と症状
今回はざっとPMS(月経前症候群・月経前緊張症)の種類と症状について列挙しました。また、それが及ぼす効果についても考察してみました。幸せにしたい気持ちはあるのに彼女の気持ちが全く分からないという男性にも是非知っておいてもらいたい内容です。

 

そういう気まぐれかつメンヘラ女子気味のGoogleちゃんを愛せる体質もAdSenseをやっていく上では大事な気がします。(多分、Google AdSense は猫好きの方が向いていると思う)

 

ぴょんちゃん
ぴょんちゃん
 

かまってくれないとやーよって言ってたよ?

 

 

◆GoogleAdSense を一時保留しての宮古島の感想

 

宮古島ですが。けっこう、
思ったより寒かったです(笑)
そして天気が悪かったw

 

私が想像していた宮古島はこうでしたが・・・。

 

 

私が今回行って、実際目にした宮古島の風景はこうでした(爆)

 

 

ん~(笑)

 

でも、いいんです。いいんです。この際。
ゆく年くる年サーバーダウンCPC1ケタ宮古島天気悪いし寒い、おまけに帰りは機体整備不良で飛行機が飛ばず、あろうことか羽田から代替機を呼び寄せる始末で5時間遅れで羽田に到着とまあ、

 

人生、息吸うたびに
ドラマばかりですよ(笑)

 

だけど、会社を辞めてから1年ちょっと、毎日毎日寝ているとき以外には片時もそれらのサイトから離れずに暮らしてきたので、本当に久しぶりに「何にも支配されていない気がする時間」というものを過ごすことが出来ました。(宮古島の空港に5時間拘束されている時も・・・w)

 

 

以前もチラっとお話しましたが、私は離婚後、娘との未来を希望あるものに立て直すために吐血しそうな勢いで社会組織との共生を探り、「正社員死守」を掲げて暮らしてきていました。その時間があまりにも長かった為、私にとっても一番の宝物であったはずの娘の「子供時代」というものを限りがある事を知っていながら、見過ごしてきてしまいました。

 

 

生まれて直後は乳児だった彼女をうまく母子が生きやすい生活リズムへ導くことができず、約1年半、母子共に夜泣き状態で一晩まるまる朝まで寝たことが無かったため(入院中を除く)

 

娘の幼少期というと娘が初めて両足で立って2歩歩いたということと、育児に不慣れな旦那に子供を任せたことで3回娘の命に係わる大事故になった時以外の記憶が殆どありません。

 

たまに2歳くらいの時の娘の写真をふいに見て、なんてかわいかったんだろう!と初見のようにビックリします。当時はあまりに日々がギリギリで過酷すぎて、娘を可愛いなんて思う感情が入る隙間さえありませんでした。

 

その後に、よし社会復帰だ!と鼻息荒く掲げたものの、子持ち母の就職難、保育園入園問題、保育料6万円台問題が重くのしかかり、ようやく仕事に出たのも束の間、仕事と家事、旦那と乳児の面倒で玉砕、「イエ」問題などで頭がパニックになり、くるくるぱーになってあえなく離婚に至りました。そこからは前述の「正社員死守」生活に突入したもので、気が付いたら娘はあっという間に中学生でした。

 

 

何回かは見かねた私の父親の配慮で夏、冬には小旅行も行きましたが、その他の大半の土日はどこも行かないか、行っても「スーパーかスーパー温泉」という惨状でした。

 

やっと、娘と一緒に今回は旅行を心から楽しむことができた気がします。旅行というか、娘が浜へ嬉しそうにかけて行くうしろ姿を、母親としていくらでも安らかな気持ちで見ていられる時間というのでしょうか。

私はここに辿り着くために、離婚後から今まで生き延びて、働いてきたのだと思いました。

 

それではまた、お会いしましょう

中野カンナ

 

 

■映画『まだ見ぬあなたに』はこちら↓

短編映画『まだ見ぬ あなたに』10代妊娠と少女の葛藤と社会の無理解
今回は短編映画『まだ見ぬ あなたに』のテーマをニュースから拾い、自分自身の経験と合わせた内容を書いてみました。10代の少女の妊娠と若い女性による子供への凄惨な事件が続く現代で、10代の少女たちの心境に立ち返ったこの映画が、色々な世代の人々へ届き時代を動かしていくことを祈ります。

 

【お知らせ 2020年1/10】

当面、まだまだ本業サイト、副サイトが生業の活動(経済状況)であるため、こちらは週1更新目標という、手探りでアツくゆるく運営するサイトとなっています。(更新がない場合は、今月のアッチの数字が悪いかなんかだなと思っていただければと思いますw)素人感たっぷりだとは思いますが、熱意だけはあって
twitterアカウント「中野カンナの女道」を準備しました(笑)←実はこっちも良く分かっていないw にわかにつぶやいています(笑)

 

中野カンナ
中野カンナ

宜しければフォローをお待ちしております。

 

なお、同姓同名が多発している「中野カンナ」ですが、現状で運営しているのはこのブログとtwitterアカウントのみでその他は他人様です(笑)

本人に心のゆとりが生まれましたら、またFacebookなども開設していくかもしれませんし、しないかもしれません(笑)その際には都度お知らせいたします。よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました