Googleコアアップデート後の泥沼作業はリビジョンで取戻す!

◆起業とAdSense

今回は2020年5月4日に行われたGoogleコアアップデート収益メインとなる2本柱が墜落(手動ペナルティ)&低空飛行となってしまったお話、そしてコアアップデート後に泥沼のジタバタ作業により、さらに末期なことになってしまった経験と、その回復作業としてのリビジョン機能を使用した結果、さらにリビジョンの保存数の設定について書いています。

◆2020年5月4日 Googleコアアップデートが投下。収益下落のご報告

 

こんにちは、中野カンナです。

 

中野カンナ
中野カンナ

きのう歯が抜ける夢を見ました・・・。

 

私は今、2020年5月4日に投下されたという、Googleコアアップデートによって、収益メインの2サイトが1サイト完全に墜落1サイト着陸態勢軽微な再浮上を繰り返し攻防中、という有事におります。

 

先月(4月)から新型コロナ大流行AdSense のCPC(広告クリック単価)がかなり低下しているところへ、今回の全ジャンル個人サイト潰しに近い形でのコアアップデートをやっちゃうGoogleちゃんに対して、

「男の趣味がすごく悪い女」を眺めるような視線を個人的には持っています。(恨みつらみが多いので辛辣な発言になってしまうw)

 

品行方正。
なにが権威性だよ(泣)
でも、そこにぶら下がっている私。

 

ザ・無力!

 

また、今回のGoogleコアアップデートには、記事テーマに対して「ノイズ」が多いとマイナス査定をされるようだ、という情報が一部であり、「ノイズこそ豊かさの種」くらいに思ってこれまでの人生を生きてきた私にとっては、「生きる価値ナシ!」の烙印を押される気持ちになるような出来事でもありました。

 

まあ、
一旦落ち着こう(笑)。

 

 

カッコつけるつもりはないので正直お話すると、結果的に先月4月はCPC(クリック単価)下落によって前月より30%収益が下落、今月5月はコアアップデートによってさらに4月の収益から20%収益下落という惨状となっております。

 

ちなみに3月は
過去最高の収益でした!
(今さらw)

 

中野カンナ
中野カンナ

ホント、私の夢の時間はいつもいつも儚いよね~(笑)

 

 

◆AdSense 収益が下落した今思うこと

 

■泥沼作業から回復するリビジョンの方法にジャンプする方はこちら

 

正直、私には今年受験生の娘がいて、バツイチ子持ちであり、前職の不動産会社も約2年前に辞めている状況で、

 

こんな着陸態勢かと思うような低空飛行が展望もなく半年以上続くようであれば、一旦サイト構築を続けつつもバイトかなんかしなきゃなあ、という気持ちです。

 

 

場末のスナックで
働いてみたい・・・。

 

■その際は、ココへ戻る、という感じです↓

会社退職しないで副業構築!AdSense収益を出す為の後出し案
会社を退職せずに副業構築としてGoogle AdSense 収益構築することにあたって、どんな事に気を付けてトライしていったらよかったか、どんなやり方がベストだったか?ということを後出し案として振り返って考えてみました。

 

つまりは、自分にとって精神的肉体的にエネルギーをあまり奪われない、できれば楽しめるバイトをしつつ、サイト構築を続けるという事です。勿論、バイトでもちゃんと誠心誠意働きますよw

 

その前に半年、滝行だな・・・。

 

約2年もの間、社会とほぼ隔離してひとりの世界に近い状態で経済立て直しの為に、がむしゃらに闘い続けてきた私からすると、

 

バイトで社会に一旦戻るっていうのもそれはそれで(半分は強がりですが)楽しいかもしれないなという気持ちもチョットあったりしますw

 

勝手に「STAY HOME」
先取りしてたし(笑)

 

 

会社を辞めるべきでは
なかったのか?
という問いは

 

ただ、では前職である会社を辞めたことがやっぱり間違いだったのか?というと、

 

新型コロナ大流行が始まった時、「あのまま在籍していたとしてもどっちみち、この場面で私はきっと会社を辞めなければならなかったんだな」と答え合わせのように私は思ったので、

 

我ながら2年前の手ぶらバンジー退職は、だいぶ無謀な退職ではありましたが、それが今のタイミングでなく、一応AdSense で生活できる程度にまで割と早い段階で浮上できるタイミングにいたという事を考えると、運がよかったなとしか言いようがありません。

 

また、この場面で「正社員で会社に属して働く」という選択肢は今の私にはもう、雇ってくれると言われてもありません。

 

 

さよなら会社。

 

でも、だからと言って、これから退職してAdSense で生きて行こうという個人の方はちょっとスタートには風向きが悪い気がするので覚悟がいる時期だと思った方がよさそうです。(↑に貼ったココへ戻るの記事にあるAdSense 後出しの論を参考にしてもらえればと思います)

 

とりあえず
レッドオーシャンが
広がりつつある・・・

気がするだけかもw

 

 

■私の手ぶらバンジー退職についてのお話(全4回の内の2話目)はこちら↓

バンジー退職の背景に就職氷河期世代の仕事観/会社・辞めて1年②
バンジー退職という、別の仕事もなく会社を辞めることができた理由や背景に就職氷河期というの団塊ジュニア絶望ロスジェネ世代特有の時代について考えました。バツイチ子持ちの私が2018年に会社を辞めて、半年で会社員給与を超えた現在までの1年間の回想

 

◆Googleコアアップデートでジタバタして、変更後にさらに泥沼墜落!?

 

Googleのコアアップデートでよく言われるのは「焦ってジタバタしないこと」だというのは有名な話です。

 

 

ジタバタというのは順位が下がってしまったサイトなどを色々いじくり回して変更を加えることであり、何故それがNGだと言われるかというと、さらに泥沼にはまっていくパターンが多いから、という事です。

 

また、過去大きなコアアップデートがあって一時、順位が変動を起こしたとしても、「順位が時間とともに戻るケースが結構ある」という事が言われてきました。

 

だから、
下落したサイトは

基本一旦放置&傍観!

 

私もそれは重々承知でしたけど・・・。

 

今回ばかりは
ジタバタしちゃったよね!(爆)

 

中野カンナ
中野カンナ

出来ることは、やりたいなーと思っちゃって。

 

ココからは私が今回のGoogleコアアップデートでやってしまったNG失敗作業について、報告します。(※あくまで私のサイトでの事なので参考程度にどうぞ)

 

 

◆【失敗工程①】AdSense 墜落泥沼作業~外部リンクと内部リンク削除を見直し変更してしまった

 

前述の通り、今回のGoogleコアアップデートでは記事コンテンツのテーマからズレる内部リンクおよび外部リンクについて、Google「ノイズ」と判断することによって、どうも減点されるようだという情報がSEOの専門家の話の中でありました。

 

 

私のサイトでは、この女道ブログもそうですが、関係する法令の引用や資料、画像などの転載、それについてのtwitter投稿Instagram投稿など、結構な数の外部リンクを1投稿内でしており、とにかくその数が目立っていました。

 

また、私の中では関連する項目に近いと思って張っている内部リンクですけれども、それらが全てGoogleからすると「ノイズ」でしかないという可能性が否めませんでした。

 

従って、
一旦リンクを全部削除w

(※実際はBサイトは全記事遂行しましたが、Aサイトは50記事位で異変に気付きました)

 

中野カンナ
中野カンナ

やっちゃったよねーww

 

◆【失敗工程】AdSense 墜落泥沼作業~余計な改行スペース、手動の広告を削除、位置変更してしまった

 

ついでに、4月から引き続き広告のクリック単価(CPC)がじり貧で下がっていた為、特に2年以上も前に作成した古い記事について、

 

無意味な改行スペースや、手動で貼っている分の広告の数位置を変更しました。(※広告の数を減らせばCPCが回復するかもしれないという期待と狙い)

 

 

①と②の作業を血眼で3日間ほどかけて実行。

(※実際はBサイトは全記事遂行しましたが、Aサイトは50記事位で異変に気付きました)

 

どうなったか?

 

◆コアアップデート後にジタバタ泥沼作業をした結果は?

 

先に言い訳をしておくと、収益メインサイトA収益サイトBがあり、今回のGoogleコアアップデートでほぼ墜落瀕死になったBサイトのほうにまず墜落直後から前述の①②作業を行いました。

 

 

(ちなみに、Bサイトの方はいつか別記事にあげようと思いますが、今回スパムの疑いという、自覚もからきし無い、意味が分からない内容で手動ペナルティを受けました

 

幾つかサイトは運営していますが、それぞれ相互リンクもありませんし、他サイトからサイトの評価を上げるために被リンクを貰えるようなブラックSEOにも私は手を染めたことも、これから手を出す気もありません。

 

 

なぜ・・・。

 

中野カンナ
中野カンナ

逆にスパムのやり方教えてくれよと言いたいですw

 

手動ペナルティを解除できた知り合いが周りにいないんですけど・・・。

 

私のほとんどのサイト運営をしている知り合いは、手動ペナルティを受けても解除に向けての作業は行わず(どこが悪いのかも分からずに行う労力が凄まじいので)、

 

ドメインに傷がついたという事もあって、そのサイトはドメインごと捨てる、という判断を通常しているようです。

 

 

しかし、それをしてしまうと、こっちがまるで悪いことをして、非を認めたような印象が残るのではないか?という気持ちが私にはあり、

Googleサーチコンソール女道と合わせて3サイト登録しているためか、お互いのサイトの運営・活動状況が何となく紐づいている感じも以前からしていたことから、今回は解除に一応努力することとしました。(殺気を感じただけかもしれません)

 

データは半年以上残るという情報もあったことから、今さら捨ててサーチコンソールから外しても、今度は他サイトへの誤解を受けるリスクを感じたので一応、出来る事だけはやってみようという事でダメもとで取り組むことにしました。

 

この女道は何故か今回ほぼ無風でしたが、(多分そもそもGoogleからすると存在感が無いからだろうw)芋づるでやられるかもしれないリスクを勝手に持っていましたw

 

 

そこで、色々と調べていった時に、試すべきだと思ったのが前述の①と②でした。つまり、そもそもはBサイトの手動ペナルティ解除のために始めたジタバタだったのでした。

 

すると・・・

 

手動ペナルティが解除されないままの状態で、①、②の作業直後に、BサイトのCPC(クリック単価)があり得ないほど高騰RPMが通常の10倍近く(;’∀’)

 

でも
トラフィックは墜落したまま。
異常過ぎて喜べないw

 

結果的には数日後にトラフィック墜落のままRPMも標準値に戻ったので、この工程は手動ペナルティで墜落しているとかいう危機的状況以外は参考にしないでください。

 

でも、間もなく・・・なんと、
手動ペナルティ、解除されたw

(※他にもいくつかの作業を行いました)

 


画像:Bサイト手動ペナルティ解除のラブレター

 

おー。

 

この、よくわからない成功体験(?)が収益メインサイトであるAサイトにも行うべき工程だと完全に私を誤認させました。

 

当然、
Aサイトにも実施。

(※Aサイトへ工程スタート時はまだBサイトRPMは高止まりしていた)

すると・・・

 

トラフィックが3分の1以下
1日の収益は
硬調期の10分の1以下に(涙)

 

 

ヒャッホー!

 

私の青春は終わった・・・2日間くらいそう思っていました。

 

でも、
復旧方法があった!
地味だけどw

 

 

◆Googleコアアップデートでジタバタしてしまった失敗泥沼作業を元に戻す復旧方法として、WordPressには魔法の『リビジョン機能』があった!(テーマCocoon)

 

今まで、私は一度も使った事のない機能だったので、自分の思考回路からは選択肢として全く出てこなかった方法だったのですけれども、WordPressにはとっても有難い機能がありました。

 

中野カンナ
中野カンナ

ブツブツ思うことを全てググっていたら奇跡的に出てきたのです。

 

その名も

「リビジョン」

 

 

ぱんぱかぱーん!

 

こちらの女道ブログを始め機械オンチの私は、全てサイトのテーマは「Cocoon」を使用しています。ですので、今回はCocoonで説明させていただきたいかと思いますが、おそらく意図的に外していない限りはリビジョン機能WordPressの各テーマに搭載されているものではないかと調べた限りでは思われました。

 

ですから、私のようにテンパった衝動的なジタバタ工程を取り消したい方には是非、テーマごとに調べて頂いて、使えそうであれば使ってみるのもひとつの手かと思います。

 

いわば、
サイトのタイムマシーン。

 

 

♬タイムマーシンに~おねがい~♬

 

 

◆WordPressリビジョン機能でタイムマシンにお願いする方法の前の注意事項!

 

やり方は思いのほかとても簡単です。

注意事項としては、本当にテンパった作業を少しでも取り消したい!と私のように泣きを見ている方のみ自己責任で行ってください。

 

泣き(アップデート)に
泣き(泥沼作業)を見た人だけ!

 

 

結論から先にお伝えしておくと、

私の場合は、今の時点でとりあえず、Googleコアアップデートが行われた後、ジタバタ作業を行うの時点の数値には徐々に戻りつつあります(現時点で、まだ完全には戻っていない)

 

ですのでこれは

Googleコアアップデートからの復活ではなく
泥沼作業取り消しの為の作業に過ぎません。しかもすぐには戻りません。

 

 

リビジョン作業を行ってからここに至るまではなんと1週間弱かかりました・・・。

(現在75%回復)

 

でも、リビジョンを行う前よりははるかにマシで、

私の場合は、リビジョン作業終了の翌日には、泥沼作業後の

最悪の状況から2倍まですぐに戻りました。

 

中野カンナ
中野カンナ

それだけ、前述の①②のような泥沼作業は思い付きで一気にやっちゃダメって事です。

 

やっぱり、
待つのって大事ww

 

 

◆WordPressリビジョン機能での具体的データ復元方法(Cocoon版)

 

リビジョンって、私はサイト運営を始めて約2年になりそうな現在ですが、機械オンチだからか、最低限の情報しか吸収できない体質なのでなのか、もちろん聞いたこともありませんでした(笑)

 

中野カンナ
中野カンナ

こんなオンチでもサイトは作れるという文明の奇跡(笑)

 

でも、言われてみると、記事投稿の際にいつも何となく気になっていた箇所のことでもありました。

 

記事末にある、コレに関わること↓

 

 

どんどん修正を重ねるたびに伸びていく経過報告・・・。100回更新したら100列になるのかしら??と不思議に思っていましたが、特に悪影響が今まで無かったため(悪影響がある事を知らなかった為の間違い←後述)「ま、いっか」でスルーして来ていたものでした(笑)。

 

まさかコレに
助けられるとは!

 

具体的には、文末のリビジョンの列ではなく、サイドの多分一番上にあるこちらの項目で行います。

 

 

リビジョンの横の「表示」をクリック。すると、一番直近で保存された「現在データ」(今記事で表示されている内容)と、「現在データ」よりいっこ手前のデータが並んで出てきます。

 

 

そして、二つのデータの上に設置されたバーを左へスライドしていくと、保存されていた数だけ、リビジョンのデータがその時に保存されたカタチで残っており、戻したい時のデータに戻すことが出来るのです。

 

時間を遡ると、各保存時点での前回保存から新しく変更された点が緑色の帯で指摘されているため、何を変更して保存したかが分かります。

それを確認し、リビジョンを復元するわけですが、復元ボタンを押したときに反映されるのはCocoonの場合は右側に表示されたデータでした。

 

 

したがって、これを見て、左のデータに戻したい場合は、上部のバーをひとつ左(過去)へスライドさせて、右上の「このリビジョンを復元」を押せばOKです。

すると、選択したデータが反映されて投稿画面に戻りますので、そこから続きの修正をすることも可能です。

復元ボタン」を押した時点で既にデータは保存されているようでしたが、私は念のため、再度「更新」ボタンを押して完了しました。

 

たったこれだけで完了です。

 

タイムマシーンに乗って、データだけはGoogleコアアップデートより前に行ってしまったかもしれません(笑)

 

あの日に帰りたい・・・。

 

ムスメちゃん
ムスメちゃん

ヤッタネ!

 

◆ついでにプラグイン「WP Revisions Control」でリビジョンデータの保存数を設定する。

 

これも今回のタイムマシーンに乗る作業ではじめて私は知った事ですが、このリビジョン機能は何もしなければCocoonの場合なんかでは保存数に上限はどうも無いみたいで、その保存数の分だけ、データがのっかっている意味で、

 

とてもよろしくない

 

ようでした。「いらねー」とすら言う人も多いようですが(笑)、私は今回、本当に

感謝しかない!という気持ちだったので、若干は残しつつ、要らない分は保存されないように設定を行うこととしました。

 

調べてみると、3万文字の記事(いくら何でも書きすぎw)がなんと45回の保存分残っていたり、知らない間にデータが蓄積してしまっていたようでした(;’∀’)

 

 

トイレに行く前に必ず保存する癖のある私などは、各ページ数十個の保存が残っている状況となっており、今回ホント知ることが出来てよかったなと思っています。その、保存数を設定できるプラグイン「WP Revisions Control」女道ブログにもこの際入れてみようと思います!

 

 

◆プラグイン「WP Revisions Control」の導入・設定の仕方

 

まずは他のプラグインを導入するときと同じ工程です。

「プラグイン」をクリックし、

「新規追加」をクリックします。

 

 

次に

①キーワードに「WP Revisions Control」という言葉を入力して、候補が出てきたら

②「使用中のWPバージョンと互換性あり」を必ず確認し、

③「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

続いて「有効化」を押します。

 

 

有効化を「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」で確認した後、

設定」→「投稿設定」を選択し、

●投稿
●固定ページ
●カスタムCSS

 

の横の枠に、任意の保存数を入力し、最後に変更を保存を押して設定完了です。

 

 

私は、このプラグインを知らなかったので、導入して有効化後にすぐデータが指定数になってしまうと戻りたいリビジョンデータが消えるのではないか?という恐怖があったため、全てのページのリビジョンタイムマシン作業を終えてから有効化して設定をしました。

 

実際はすぐには変更されない

やってみてわかった事でしたが、上記画面で「変更を保存」しても、一気にその指定数にスリムになるわけではなく、各ページのリビジョン保存データ数が指定数に変更されるのは「次の各記事更新時」でした。なので、最終的に各記事のリビジョン数を設定した数にしたいと思っている方は、先にプラグインを導入して各項目の保存数を指定し、(心配ならやや多めに保存)そこからリビジョンタイムマシン作業を行う方が効率的です。

 

でも、私のようにビビリの方は(笑)後から導入でも全然いいと思います。

 

というか、

ビビリは
コアアップデート後の作業の時点で
是非、発揮してほしかった!(自戒)

 

 

◆Googleコアアップデートで凹んだ心を叩き起こす言葉を探す

 

今回の2020年Googleコアアップデートは、それはそれは本当に強烈な津波でした。

 

 

私は、これまでの約2年の間に、何回か周りが悲鳴を上げるようなGoogleコアアップデートがあった時もなぜか無風でしたし、それでアフィリエイターを引退する!と再就職活動を始めた人々を横目に「私はもしアップデート食らっても諦めないぞ!」と思ってきていました。

 

でも、今回実際に大打撃を受けてみると、あの時の私は想像しているようでいて、ちゃんと共感できる器が無かったんだなと思ったりします。

 

やっぱり結構ツライw

 

何がツライかって、これまでの2年間に私は結構、以外の色々なことをガン無視して血眼で作業をしてきた日々があったこと、そして、それは未来を切り開けるんだ!という確信があったからこそ突き進んでこられたということ。

 

 

コアアップデートでの低空飛行は、その輝かしき未来が閉ざされてしまったかのような気持ちになるからです。また、自分の方向性感性が未来ではお金にならない、私自身がもはや「価値のないコンテンツ」なのではないか?と考えれば考える程、どんどん追い込まれて行ってしまうことです。

 

だけど、これはきっと

自分の足で立って、自分の力で生きて行くことを選んだ独立人にとっては、これからも生きて行く限り、永遠に続く課題。そしてそれは本当は会社に属していても同じ。

 

私が会社にあのままいたとしても、今回のコロナ大流行で辞めざるを得ない状況となっていた可能性も高いですし、

 

その、想像するだけで地獄絵図のような前職の日々に、私が万一耐えられたと仮定して、それでも例えば両親が倒れたら介護をしなくてはならない。自分が動けなくなったら、病気になったら、・・・つまりは会社の朝礼に毎日遅れないように到着して一定の「通常勤務」が出来なければ、干されてしまうリスクがあることには変わらない。

 

アフターコロナはこの辺りが変わるのかもしれないけれど、私が年金を貰う頃までに、正直私のような年齢を雇うような会社があったとしたら、殆ど状況変わらなないだろうということです。

 

■前職の過酷な日々はこちら↓

バンジー退職の背景に女上司のパワハラ実例付/会社辞めて1年④
会社を退職する直接の原因に女上司によるパワハラ実例と彼女のPMS、自己肯定感の欠如があったという体験について今回は書きました。バツイチ子持ちの私が2018年に会社を辞めて1年で当時を振り返るシリーズその④です。

 

それなのに「その危機」が突然やってきて、展望もなく手ぶらで退社するのと、今ここでコアアップデートやGoogleの目指す方向性への協調を模索することを考えた時、きっとこちらの方が可能性があるに決まっている。

 

何の可能性か?

食いっぱぐれないで生きて行く「次」をつくることが出来る可能性です。勿論、超一流の無二の専門家や有名なアーティストだったら別だと思うのですが、私と同時期の就職氷河期世代や、さらにその年代以降の子育て女性は、そういう望むキャリアをなかなか形成できなかった世代だと思います。

 

これから続けていって、私たち世代が受け取れる僅かな年金程度にしかならなかったとしても、あると無いとでははるかに違う。

 

第2歩目の課題が
私にようやく与えられたんだ。

 

それはきっと、チャレンジできる力をつけたから。(と思い込む)

 

 

そういう気持ちにも今回なりました。

 

ちなみに第1歩目AdSense 収益で私と娘が暮らしていけそうな金額を出すまでの、まるで爪で火をおこすような忍耐の時間でした。

 

ホント、
頑張っても頑張っても
びくともしなくて
涙ぐんだよねw

 

 

あの時の「やっぱり私には駄目なんじゃないか」という悲壮感から比べれば、今回のコアアップデートはゼロ出発ではなくて、収益もまだ若干は残っている状況でのリスタートですし、精神的にもまだ多分10分の1くらいの負荷です。10分の1とはいえ、今の問題はきっとあの時の耐力では完全に戦えなかったはずのレベルだけど、

 

今の私は違う。
きっと闘える。

 

考えようによっては、
今の私の心の筋トレにはちょうどいいレベルかもしれない。

苦手な新しいことも、何もなかったあの時よりたくさん手に入れてきた。きっとまた、諦めなければ、続けていれば、蜘蛛の糸は降りてくる。今、世界中の人がきっと、みんな生きることへチャレンジしているんだ。

 

 

誰も私の代わりに
私の人生を生きて
動かすことは出来ない。

 

私は、自分の人生を愛することを諦めない。

 

中野カンナ
中野カンナ

とりあえず、次回のコアアップデートの時には「動かざること山の如し」で参りたいと思いますw

 

それでは、またお会いしましょう♪

 

中野カンナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました