中野 カンナ

◆話題のはなし

船戸結愛ちゃん母・優里を追込んだのは父・雄大だけなのか?目黒虐待事件裁判公判判決

今回は、クリスマスの日に初めて暴行が明るみになったという船戸結愛ちゃんの事件を母親である優里さんの目線と自分自身の経験と合わせて追っていきました。事件に加担するい色々な立場の存在が見えてきた気がしています。
2019.12.09
◆話題のはなし

2019年『犯罪白書』虐待児童15年で6倍。女性は子供を救えるか

今回は日本の社会問題のひとつである「児童虐待」についてのニュースからです。すべての社会問題は別々のようでリンクしている印象を覚えます。いつも女性と子供がターゲットになりやすい問題が多いのが現代の「豊かさ」という意味においてとても引っかかってきます。
◆話題のはなし

【明石市長快挙】親不払いの子ども養育費を立替え回収・貧困防止策始動

今回は兵庫県の明石市が発表した「養育費不払い問題」に対する取り組みについてのニュースから、私自身の経験した「養育費」調停経験も踏まえて書いています。
2019.12.07
◆思春期後半時代(16~19歳)

短編映画『まだ見ぬ あなたに』10代妊娠と少女の葛藤と社会の無理解

今回は短編映画『まだ見ぬ あなたに』のテーマをニュースから拾い、自分自身の経験と合わせた内容を書いてみました。10代の少女の妊娠と若い女性による子供への凄惨な事件が続く現代で、10代の少女たちの心境に立ち返ったこの映画が、色々な世代の人々へ届き時代を動かしていくことを祈ります。
2019.11.28
◆思春期後半時代(16~19歳)

10代の妊娠・中絶決意までの状況と心境回想~人生最初の大恋愛②

今回は初めての大恋愛の話の「後編」さらに①であり、10代後半に発生した「妊娠中絶体験」についてがテーマです。少し深刻な内容なので書き方に気を付けて当時の記憶と今現在のそれを踏まえた考えを話したいと思っています。「後編」①は妊娠が発覚し、相手へ報告するところまでのお話です。
2019.11.27
◆話題のはなし

高収入風俗求人『バニラ』のゆるキャラがうまい棒を配る日本社会。

今回は、「女の子」を育てる立場として高収入風俗求人『バニラ』の街宣車、ゆるキャラ営業の問題を取り上げました。
◆話題のはなし

SHELLYさんの離婚に現代夫婦が家庭円満で子供を育てる難しさ

2017年11月、堅実派のタレントSHELLYさんと夫で番組ディレクターの相田貴史さんが離婚されました。改めて自分の経験も踏まえて現代日本での「育児の難しさ」「家庭運営の難しさ」を見てみます。
◆離婚のはなし

2011年4月 離婚を決意させた311東日本大震災当時を振り返る

今回は離婚を決意することになった直接的な要因である311東日本大震災当時のお話です。その当時の様子と心境、離婚に突き進む思考回路を離婚から8年半経った2019年の今、回想します。
◆話題のはなし

国家公務員男性の育休取得でイクジなし夫は悪・イクメンは正義になる?

昨日、国家公務員の男性の原則1ヶ月超の育児休暇取得を促していく今後の指針の検討がされているというニュースがありましたので、9年前にワンオペ育児に倒れた後、家族解散した者の視点から考えてみました。
2019.10.30
◆親のこと・介護・相続「イエ」のはなし

子育てと母親の介護を終え、旦那を看取ったご近所K夫人の門出の話

私の実家のご近所に何十年も住まわれていたK夫人が引っ越した話の「後編」です。後編では主に「昭和の女性」が迎えた令和のひとつの生き方についてのお話です。
2019.11.03
タイトルとURLをコピーしました